natsuyakun’s cogitation

とりあえず読んでくれ

こんにちは!みんなのおといれなつやだよ!

今回は経験値、について語りたいな。

あと、言っておくけど、僕は自分の考えに意見されるのが大好きなので、ぜひコメントも大歓迎だよ!

 

 

で、早速なんだけど、経験ってなんだと思う?

いろんな意味があるけど、単純な意味としては、実際に見たり聞いたり行ったりすること、かな?

 

僕は、たくさんある経験の意味の中でも、

 

何事かに直接触れたりぶつかることで、そこから技能や知識を得ること(wikiより)

 

ということを経験の定義として今回の話を進める。

 技能や知識などを得るには、ただ単に物事が起こるだけではダメで、後の反省や考察など考えが少なからず要る。学びがないとあまり意味がないのだ。

 

ここまで前提で、本題なんだけど、僕が常々思うのは、単純に年上のほうが本当に経験値が上なのだろうか?ということ。

年上を敬ったり?というか言うことを聞いたりすることの理由として、年上は経験が豊富だから(→判断力があるから)ということが一般的に挙げられる。

や、確かに長く生きてるからそのぶん起こったことが多いだろうという考え方に理解はできるのだけど。

密度は?

例えば、極端な例だけど、小学生のうちに7個習い事をこなした子供と何もしなかった子供とか。いじめられて捻くれた子供といじめられたので色々自分で考えて何かを改善した子とでは何か差が生まれないだろうか。

 

何もしなかった子供も、遊びという経験をたくさんしてるではないかとか言われるとその通りなのだけど(そこが厄介で僕にも結論が出ない)。

 

 

僕は色々な経験をしたいしそこから学びを得たいのでどちらも後者を良しとするんだけど、それは完全に僕の価値観のなかでの話なので反論は大いにあっていいというか、してくれ頼む。

 

 

これは日にちを置いて書いてるし、文章としてボコボコなんだけどニュアンスだけでも伝わってくれ…

 

結論はでてません。

 

以上、悩める乙女・なつやさんからでした。

読んでくれてありがとう。

 

 

 

時間一定

 

密度考え思考反省学びによる